「毒素」がたまるわけ

疲労の原因はいろいろあるんですが、体を健康に保つ基本はあります。
体が健康であれば、多少の疲労は一晩で解消できるはず。
体の中のシステムが狂ってるから、疲れがなかなか取れないんですね。

昔は食べ物がなくて「栄養不足」から免疫力が下がり、病気にかかりました。
そんな頃でも「糖尿病」とか「痛風」にかかる人もいて、お金持ちがかかる病気ともいわれました。

・・・ということは、「食べ物の食べ方」が私達の健康に大きくかかわっている、ということが言えます。


一番大きな食べ方の間違いは「食べ過ぎ」
しかも食べ過ぎている人ほど、自分が食べ過ぎていることに気がついていません。

食べた物は皆「分解」され「消化」されます。
そのためにたくさんの「ミネラル」や「ビタミン」「酵素」などが使われます。

しかし「ミネラル」「ビタミン」「酵素」等が不足していると、食べ物が中途半端にしか消化できず、その結果「毒素」となって体の中に残ってしまいます。

この「毒素」こそが「病気」や「疲労」の原因となるのです。
ですから「毒素」を体の中に「ためない」コツをつかめば、あなたもすがすがしい朝を迎えられるようになるはずです。

ちょっとトライしてみませんか?



疲労回復の方法 TOP

posted by mari at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 疲労を予防しよう!

毒素を作らない

では体に毒素を作らないコツってどんなことでしょう?

簡単なことです。
「本当にお腹がすいたら食べる」こと。

お腹が空かないということは、体にまだ未消化のものが残っているはず。
そこへまた食べ物を入れたら、「不完全燃焼」を起こして「毒素」がたくさん作られてしまいます。

時間が来たから食べるのではなくて、本当にお腹がすいてから食べること。
まず、実行してみましょう!

・・・でもね、これってけっこう難しいんです。
会社勤めだと昼食の時間が決まっているし、自宅で自由時間があればあったで、なんとなく食べたくなってしまうんですね。

そんな時参考になるのが、プチ断食ダイエット
朝食を固形物を食べないで、「ニンジンりんごジュース」や「しょうが紅茶」を飲むだけにするというもの。

午前中のうちに未消化のものを消化しきって、体内の毒素を排出するのに効果的で実行しやすい方法です。


私は毎日やってるわけじゃないんですが、胃腸の調子が悪くてどよ〜んとしてるときは、お腹がすくまで食べないようにしています。
おかげでいつも年末年始にお腹こわしてたのが、今年は無事でした。
風邪も引かず、花粉症も軽くなった感じ。

体の調子が整ったのかも☆


疲労回復の方法 TOP

posted by mari at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 疲労を予防しよう!

毒素を食べない(1)

体から毒素を減らすには、「毒になるものを食べない」ことが重要。

毒になるものの代表は「食品添加物」です。
工場で作られたもの全てに入っていると考えて間違いありません。

お菓子やラーメンの袋など、裏返して原材料名をチェックしてみましょう。
ソルビン酸とかアステルパーム、赤色○号・・・なんて主にカタカナの名前があったら要注意!
ほとんど添加物だと思って間違いありません。

食品をよりおいしく長持ちさせ、見た目もよくするために入れられるのが「食品添加物」
でも、その安全性は微妙です。

一応国が決めた基準があって、その範囲内で使われてはいると思うのですが、それを何年何十年かけて摂取した場合の影響なんて考えられてはいないのです。
日本国民が全体で「人体実験」をしているようなもの。

そんな「毒」を食べ続けていて、体にいいはずがありません。
できるだけ、食べるものは家で手作りしましょう

コンビニのおにぎりよりは、おウチのおにぎり。
カップラーメンよりは生めんをゆでて作る。
レトルトハンバーグよりは手作りハンバーグ。

・・・でも、どうしても食べたくなったら、原材料名にカタカナの少ないものを選びましょう。
今の世の中、食品添加物の完全排除を目指すのは、あまりにも大変です。
ストレスをためないように、上手にお買い物しましょうね☆


疲労回復の方法 TOP

posted by mari at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 疲労を予防しよう!

毒素を食べない(2)

私達のまわりにある「毒」はまだまだあります。

体にいいと思われている「野菜」、農薬まみれだと知っていましたか?
見た目をきれいにするために、過剰に農薬が使われているのです。

特に危ないのは「輸入野菜・果物」
輸送中に傷まないようにするために、防カビ剤などまたさらに薬品が使われています。

海を泳ぐ魚もダイオキシンや水銀に汚染されています。
牛や豚や鶏も汚染された飼料や成長促進のホルモン剤によって、危ない食品に変わってしまっています。


・・・かといって、食べないわけにはいきませんよね?

お金に余裕があれば、「有機野菜」を選んで買いましょう。
魚は大きな魚の切り身より、小魚の方が汚染度が少ないです。
肉は脂身に毒素がたまるので、脂身を取り除いて調理します。
また、安全な飼料で自然に近い飼育をしていると明記してある生産者のものを購入するのもいいでしょう。

今、私は調味料を無添加のものを選ぶようにしています。
「だし」も以前は「粉末だし」ばかりでしたが、最近は「煮干」や「かつお節」
もちろん「酸化防止剤」などが入っていないものを選んでいます。

やっぱり味がやさしいですね♪
子供たちもお味噌汁を残さずに飲むようになりましたよ。

そういえばいつだか子供がぜん息の発作を起こしたときに、せき込んでおやつに食べたスナック菓子を吐いたら治ったことがありましたっけ。

やっぱり毒を食べないって大事です!

2400円相当の無農薬野菜が1500円『お試しセット』

自然食品・健康食品の通販なら(株)恒食



疲労回復の方法 TOP

posted by mari at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 疲労を予防しよう!

夏バテ予防にクエン酸

これから本格的な夏!
今から夏バテ予防をすると、今年の夏は楽勝です♪

今日はクエン酸をオススメ。

クエン酸は乳酸を分解して疲れを取ってくれたり、酸味で食欲を増進させてくれたりして、なかなかナイスな物質です。

さらに、私達の体には「クエン酸サイクル(TCA回路)」という糖質をエネルギーに変えるシステムがあって、クエン酸を摂ることによってこの働きが活発化します。

つまり疲れが取れて、ダイエットにも良いってことですね。

夏こそ集中的にクエン酸を摂取しましょう!

ご飯とみそ汁が食べたくなくても、
梅干
入りおにぎりならどうですか?
リンゴ酢黒酢なんかのサワードリンクは、さっぱりしておいしそうですよね。

クエン酸は血圧の低下や骨粗鬆症の予防の効果もあるそうですよ。


夏バテしてますか?>>RANKING

posted by mari at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 疲労を予防しよう!

健康の基本は呼吸法

普段、私達は意識していなくても呼吸しています。
でも、この呼吸、意識して上手にしてみると、かなりの健康効果があるようです。

代表的なのは「腹式呼吸」
楽器を演奏したり、演劇など声を大きく出す場合、この呼吸法を使います。

そのほかにもヨガ、気功、お産、マラソンなどの時も、独特の呼吸法があります。

もっと調べると、「○○式呼吸法」と名前の付いた、健康やダイエットにも効果があるといわれる呼吸法もあります。


中でも私が最近興味を持っているのは、かなりマイナーですが「胸郭呼吸法」

腹式呼吸と正反対の「胸全体を大きく広げて行なう」呼吸法です。
これを生活の中に取り入れれば、下垂した内臓が元の位置に戻り、その結果下半身のサイズダウンとさまざまな不定愁訴がなくなるそうです。

内容にすごーく説得力があるので、今試しているところ。
三日坊主にならなければ、またこの呼吸法が正しければ何かしら結果はでてくるはず・・・・



あなたもちょっと試して見ますか?>>RANKING
こんな内容の本>><RAKUTEN

posted by mari at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 疲労を予防しよう!

冷え対策してますか?

体を傷める原因のひとつに「冷え」があります。

「私、冷え性なの」と言いながらも対策法には無頓着な方もいらっしゃいます。

大晦日から新年にかけて、初詣や初売りの行列に並ぶなど
体が冷える機会が多いので、ばっちり対策をしましょう!

冷えが入るポイントは「首」です。
特に首の後ろと足首は大事ですので、ここをとにかく冷やさないようにしましょう。

ネックウォーマーをしたり、首の後ろ辺りにカイロを貼ったり
足元はもちろんレッグウォーマーやブーツですね。

室内ではこんなグッズもすぐれものです。

そのまま外にも出かけられるし、何よりも暖かいですよ〜♪
ぜひお試しを(*^_^*)

posted by mari at 11:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 疲労を予防しよう!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。