鍼治療(はりちりょう)に家族が行ってきました!

季節の変わり目は体調をくずしやすい時期。
私以外の家族はみんな「だるい〜」と言ってます。

最近散歩していて割りと近くに「漢方薬と鍼治療」をしてくれるところを見つけましたので、さっそく1人ずつ送り出しました。

「眠りが浅くてだるい」と言っていた長男は、漢方薬と鍼(はり)でその夜から効果あり。

風邪をひいて熱がなかなか下がらなかった次男は、漢方薬を飲んで数時間後に平熱に。

ストレスから午前中起きられない主人も、鍼治療でなぜか翌朝からは起きられるように。

皆が皆、こんなに効果が出るわけではないかもしれませんが、わが家ではけっこういい感じでした。

未病(みびょう)といって、「病気になる前の段階」では普通の病院に行っても治療の対象になりません。
いくら具合が悪くても、検査の結果「異常」がなければ「どこも悪くないので大丈夫です」と言われるのがオチです。

そんな状態の体をよく観察して調子を整えてくれるのが「東洋医学」
あなたのお近くにもし「漢方のお医者さん」があったら、一度たずねてみるのもいいかもしれませんよ!





>>疲労回復の方法 TOP

posted by mari at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 疲労回復法いろいろ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。