毒素を食べない(1)

体から毒素を減らすには、「毒になるものを食べない」ことが重要。

毒になるものの代表は「食品添加物」です。
工場で作られたもの全てに入っていると考えて間違いありません。

お菓子やラーメンの袋など、裏返して原材料名をチェックしてみましょう。
ソルビン酸とかアステルパーム、赤色○号・・・なんて主にカタカナの名前があったら要注意!
ほとんど添加物だと思って間違いありません。

食品をよりおいしく長持ちさせ、見た目もよくするために入れられるのが「食品添加物」
でも、その安全性は微妙です。

一応国が決めた基準があって、その範囲内で使われてはいると思うのですが、それを何年何十年かけて摂取した場合の影響なんて考えられてはいないのです。
日本国民が全体で「人体実験」をしているようなもの。

そんな「毒」を食べ続けていて、体にいいはずがありません。
できるだけ、食べるものは家で手作りしましょう

コンビニのおにぎりよりは、おウチのおにぎり。
カップラーメンよりは生めんをゆでて作る。
レトルトハンバーグよりは手作りハンバーグ。

・・・でも、どうしても食べたくなったら、原材料名にカタカナの少ないものを選びましょう。
今の世の中、食品添加物の完全排除を目指すのは、あまりにも大変です。
ストレスをためないように、上手にお買い物しましょうね☆


疲労回復の方法 TOP

posted by mari at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 疲労を予防しよう!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。