毒素を作らない

では体に毒素を作らないコツってどんなことでしょう?

簡単なことです。
「本当にお腹がすいたら食べる」こと。

お腹が空かないということは、体にまだ未消化のものが残っているはず。
そこへまた食べ物を入れたら、「不完全燃焼」を起こして「毒素」がたくさん作られてしまいます。

時間が来たから食べるのではなくて、本当にお腹がすいてから食べること。
まず、実行してみましょう!

・・・でもね、これってけっこう難しいんです。
会社勤めだと昼食の時間が決まっているし、自宅で自由時間があればあったで、なんとなく食べたくなってしまうんですね。

そんな時参考になるのが、プチ断食ダイエット
朝食を固形物を食べないで、「ニンジンりんごジュース」や「しょうが紅茶」を飲むだけにするというもの。

午前中のうちに未消化のものを消化しきって、体内の毒素を排出するのに効果的で実行しやすい方法です。


私は毎日やってるわけじゃないんですが、胃腸の調子が悪くてどよ〜んとしてるときは、お腹がすくまで食べないようにしています。
おかげでいつも年末年始にお腹こわしてたのが、今年は無事でした。
風邪も引かず、花粉症も軽くなった感じ。

体の調子が整ったのかも☆


疲労回復の方法 TOP

posted by mari at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 疲労を予防しよう!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42092999

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。