「毒素」がたまるわけ

疲労の原因はいろいろあるんですが、体を健康に保つ基本はあります。
体が健康であれば、多少の疲労は一晩で解消できるはず。
体の中のシステムが狂ってるから、疲れがなかなか取れないんですね。

昔は食べ物がなくて「栄養不足」から免疫力が下がり、病気にかかりました。
そんな頃でも「糖尿病」とか「痛風」にかかる人もいて、お金持ちがかかる病気ともいわれました。

・・・ということは、「食べ物の食べ方」が私達の健康に大きくかかわっている、ということが言えます。


一番大きな食べ方の間違いは「食べ過ぎ」
しかも食べ過ぎている人ほど、自分が食べ過ぎていることに気がついていません。

食べた物は皆「分解」され「消化」されます。
そのためにたくさんの「ミネラル」や「ビタミン」「酵素」などが使われます。

しかし「ミネラル」「ビタミン」「酵素」等が不足していると、食べ物が中途半端にしか消化できず、その結果「毒素」となって体の中に残ってしまいます。

この「毒素」こそが「病気」や「疲労」の原因となるのです。
ですから「毒素」を体の中に「ためない」コツをつかめば、あなたもすがすがしい朝を迎えられるようになるはずです。

ちょっとトライしてみませんか?



疲労回復の方法 TOP

posted by mari at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 疲労を予防しよう!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42089206

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。