累積疲労とは?

「累積疲労」って聞いたことありますか?

「疲れがたまる」・・・普通によくあることですよね。
このたまった疲れが限界を越えると、いろんな症状が出てきてしまう病気。それが「累積疲労」です。

普通病気というと、ウイルスや菌または先天性のものとか何かしら「原因」があります。
それと同じように「累積疲労」の場合は「疲れ」が原因なのです。

まだ一般的に認知されてないようですが、心療内科医の堀史郎先生が多くの患者に接する中で、この病気を解明し本などでも紹介しています。

症状としては、初期のうちは「怒りっぽくなる」「単純ミスが多くなる」といった程度。

中期になると「頭痛」「肩こり」「耳鳴り」「めまい」「どうき」「しびれ」「音や臭いに敏感になる」「むくみ」「微熱」など、さまざまな症状が出てきます。

どこか具合でも悪いのかと内科で検査をしても「正常」という結果しか出てきません。でも、症状はあるし、原因がわからないのでだんだん絶望的な気持ちになってきます。

末期になると、
「まっすぐに歩けない」「一度座ると立ち上がれない」「怖い夢をくり返し見る」「涙が止まらない」「人ごみにでられない」「自殺を考える」
これらの深刻な症状に苦しめられます。


治療は「とにかく休むこと」
リラックスして疲れを取るために、筋肉をやわらかくする薬や、抗うつ剤、精神安定剤なども使われます。

そして「こんな病気もあるんだ」ということを知ること。
それがまず第一歩です。

累積疲労―心療内科医からの警告
なぜか、疲れのとれない女たち―見えない恐怖「累積疲労」とは


疲労回復の方法 TOP

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。