電磁波が原因の場合

「電磁波」ってよく耳にしますが、あまりピンと来ないかもしれませんね。

「電磁波」というのは電気が流れるときに発生する「波」のこと。
電気の性質と磁気の性質を持っています。
一般には「周波数」であらわされ、「X線」「紫外線」「赤外線」、人の目に見える光である「可視光線」電気製品から出ている「電波」などの種類があります。

疲労の原因がもしかしたらこの「電磁波」を浴びすぎていることに影響があるのでは・・・・という可能性はゼロではありません。


「X線」や「紫外線」は浴びすぎると「ガン」になるということはご存知ですよね。
では普通の電波などはどうなんでしょうか?

大阪の門真市古川町という所は、巨大な送電線が建ち並び、地下にも高圧ケーブルが埋まっている、かなりの「電磁波」が存在する地域。
この地域に住む住民のガンの発生率は全国平均の20倍、白血病に至っては全国平均の100倍だということです。

イギリスでは発育期の子供には危険ということで、16歳未満の子供の携帯電話の使用が禁止されているそうです。

電磁波が本当に病気の原因なのかということについては、まだ今のところ証明はされてないとのことですが、証明されてないからといって「害がない」と言えるわけではないでしょう。
「慢性疲労症候群」の原因のひとつがこの「電磁波」かも知れないとも考えられているそうです。


こたつでうたた寝すると体がだるくなりませんか?
電磁波の影響かもしれませんよ・・・・


対策としてはまず「使わないこと」
パソコンやTVゲームは時間短縮。携帯電話も長話は要注意。
でも使わないわけには行きませんから、せめて「距離」を置きましょう。
それから新しい電化製品を買うときは「電磁波対策」がされているものを選びましょう。
そして「まめにコンセントからプラグを抜く」のも効果があります。


電気カーペットや電気毛布を使っている方はいったん止めてみてください。長時間密着しているので特に危険です。
寒かったら「湯たんぽ」にしてみて!

狭い部屋に冷蔵庫、TV、パソコン、エアコン、電気ストーブなどがある中で1日中過ごすのも考えもの。

あなたの周り、よく見回してみましょう。
目に見えない「電磁波」があなたを疲れさせているのかもしれませんよ。


>>睡眠時無呼吸症候群が原因の場合
   疲労回復の方法TOP

posted by mari at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 疲労の原因
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。