脳の疲労が原因の場合

脳は私達の体が健康的に維持するためのコントロールセンターのようなもの。
それがストレスなどの原因で調子が悪くなっている状態が「脳疲労」と言われています。

脳疲労が起こると五感に異常をきたし、食べ過ぎて太ったり病気になったりというようなことが起こってきます。


でも、その中でもポイントがあります。
それは「前頭眼窩野」という部分。目の奥のほうにあります。

この「前頭眼窩野」は体全体の疲労を取るように命令を出しているところ。
この部分の働きがいいと、疲労回復のスピードも速いってことですね。

でも残念なことにこの「前頭眼窩野」の働きのピークは25歳前後で、あとは下降するばかり、年齢を重ねるほどに疲れが取れにくくなってしまいます。

なので、ちょっとでも刺激して、働きがアップするように工夫してみましょう。


まず簡単なのは「こめかみマッサージ」

これって無意識にやっていませんか?
試験前の一夜漬け中、こめかみグリグリしながらがんばったことないですか?
実は「前頭眼窩野」は「こめかみマッサージ」によって血流が良くなるのです。
知らないでも無意識のうちにやっていたんですね。
親指か中指で「息を吐きながら押す」「息を吸いながら離す」という動作を10回くりかえしましょう。


次はちょっと意外な方法かもしれませんが、それは「人と話すこと」

なぜかというと「前頭眼窩野」の衰える一番の原因は「人とのコミュニケーション不足」にあるからです。

・・・まぁ確かにそうかもしれません。
私の場合「レジで接客」するバイトをしていますが、一日中仕事をしていても不思議と疲れません。
かえって家で1人でいるときのほうが疲れを感じるのです。

とはいっても、毎日人とコミュニケーションをとれるとは限りませんよね。
そんな場合は夜寝る前にちょっとひと工夫。

寝る前に人の顔を思い浮かべるのです。
すると不思議なことですが「前頭眼窩野」の働きがアップするらしいのです。
キライな人の顔のほうがなぜか効果が高いとか・・・!?

一度お試しください☆


また、脳全体をリラックスさせるために「深呼吸」「ゆったりと入浴」「音楽を聴く」などの方法も有効です。



>>電磁波が原因の場合
   疲労回復の方法TOP


posted by mari at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(1) | 疲労の原因
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 眼窩眼窩(がんか、orbit)とは、目|眼球を入れる頭蓋骨のくぼみを指す。哺乳類の眼窩は不完全に眼球を覆うものが多いが、霊長目の眼窩は完全に眼球を取り巻くのが著しい特徴となっている。.wikilis{..
Weblog: (目)のすべて
Tracked: 2007-09-29 14:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。