体のゆがみが原因の場合

なかなか取れない「頭痛」や「腰痛」

頭や腰に異常があるから痛くなるばかりじゃないですよね。
もちろん頭の血管が切れて「頭が痛い」
腰の骨がずれて「腰が痛い」
そういうことも確かにありますが、それよりも多いのはどこか他の場所に原因がある場合です。

ところで、あなたは姿勢は良いですか?

イスに座ったとき、足を組む癖はありませんか?
よくソファに寄りかかってTVを見ていませんか?

その他にも
 ・カバンの紐をいつも同じ肩にかけている
 ・荷物をいつも同じ手で持っている
 ・あぐらをかくときにいつも同じ足の組み方をする
 ・人と並んで歩くときいつも同じ側に立つ
 ・机とイスの高さが合っていない
 ・いつも同じ側の歯でものをかむ
 ・かかとの高い靴を履いている

という生活習慣がある人は要注意!


姿勢って大事なんです。
姿勢が悪いと必ず体のどこかがゆがんできます。
そのゆがみ方によって「頭痛」「肩こり」が起こったり、「腰痛」になったり、「近視」「体力低下」「集中力低下」etc・・・さまざまな症状が現れてきます。

また姿勢が悪いということは、背中やお腹の筋肉が緊張していないということですから、その部分に脂肪が付きやすくなります。
そして内臓が下がってお腹がさらに出てきます。

中年以降の人たちのお腹が出てきてしまうのは、もちろん「代謝が悪くなって太りやすくなる」というのもありますが、大きな原因は加齢とともに「内臓を支える筋肉が衰えて内臓が全体的に下がってきてしまう」からなんです。


姿勢を良くするようにがんばってみましょう!

まず、お腹に力を入れて引っ込めます。
そして、そのまま息を吸って背中を伸ばします。
それから、あごを引いて、おしりに力を入れます。
頭は上から糸で吊り下げられているような気持ちで、背を高くします。



・・・どうですか?
短い時間でも疲れて「やってられな〜い!」って思うかもしれませんね。

でも、試しに3日間だけでも「気がついたら姿勢を良くする」ということを続けてみてください。

まず、お腹が少し引っ込んできて、はいてるスカートやスラックスがゆるくなってくるはずです。
そのうちになんだかやる気がわいてきて、いつもの頭痛や肩こり、疲労感がおさまっているのに気づくかもしれません。

補助的に整体やカイロプラティックを利用するのも手です。
体のゆがみが一気に修正されます。
でも、普段の姿勢が良くならない限りは効果は一時的です。
上手に利用しましょう☆



>>脳の疲労が原因の場合
   疲労回復の方法TOP

posted by mari at 11:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 疲労の原因
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。