更年期障害が原因の場合

「更年期障害」って知ってますか?
若い人だとご存じないかもしれませんね。

更年期障害とは主に40〜50代以上の女性が加齢により女性ホルモンが急激に減ることにより、さまざまな症状が出ることをいいます。

最近は「若年性更年期障害」といって、20〜30代の方でもかかることがあり、女性ばかりでなく男性も「更年期障害」になることがあります。

主な症状は次のようなものがあります。
・顔がほてる
・汗がたくさん出る
・頭痛がひどくなった
・めまいがする
・動機、息切れ
・疲れやすくなった
・肩こり、腰痛、関節痛がひどくなる
・便秘、下痢、頻尿
・体の冷え
・生理不順
・わけもなくイライラする。落ち込む。
・眠れなくなる


この中のいくつもの症状が当てはまる場合、「ただの疲れ」ではなく「ホルモンバランスの乱れ」が原因ですから、対処法が違ってきます。

婦人科にかかると代表的な治療法は「ホルモン補充療法」があります。
飲み薬や貼り薬でホルモンを補うというものです。
ほてりや発汗、頭痛・不眠・冷えなどの症状は軽くなることが多いのですが、長期的に続けると乳癌、脳梗塞、静脈血栓、心筋梗塞などにかかる確率が高くなるなどの副作用もありますから、よく説明を聞いた上で行なうとよいでしょう。

女性ホルモンに似たような物質を食品でとりたいときは、大豆製品・ザクロがおすすめ。
またビタミンEは血行を良くしホルモンバランスを整える働きがありますので、ビタミンEを多く含むナッツ類などもよいでしょう。


普段の生活の中では、できるだけジッとしていないで楽しく時間を過ごせるようにすること。
時間を忘れて没頭できる趣味なんかがあるといいですね。
また、家の中にひとりでいるよりも、外に出て友人などと会話をするような機会を増やすのもいいでしょう。

妊娠中の「つわり」なんかと似ていて、「大事にしなきゃ」とジッとしているより、子供の世話で忙しくしていた方が軽く感じるようなものじゃないでしょうか?

「更年期障害」=「病気」ではなく、ほとんどの女性が通過する期間としてとらえて行きたいものです。


>>体のゆがみが原因の場合
   疲労回復の方法TOP

posted by mari at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 疲労の原因
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。