疲労回復.com 2号

「疲れは食べてなんとかしたい」

そう思う方、多いですよね。

今回は「食べる方法」について。

疲れは栄養素の不足から来ることもあります。
必要な栄養素がたりないことによって、疲労物質がうまく排出されないことがあるのです。

せっかく食べても、食べる方法が悪いために疲れの取れ方が遅くなったらソンですよね。

では食べたものからしっかり栄養をとるためにはどうしたら良いでしょうか?

・・・それは「よくかむこと」

当たり前のことのように思うかもしれませんが
よくかんでる人って案外少ないんですよ。

良くかむことによって、食べ物の吸収が良くなり、
胃腸への負担が少なくなります。

また、唾液と混ざり合うことによって、多少の発ガン物質や食品添加物等の体に良くないものも、毒性が低くなります。

少しの量でも満腹感が味わえますので、ダイエットにも効果的!

一石二鳥どころか「一石三鳥」ってとこですね(^_^)

今まで良くかんできた人も、良くかんでこなかった人も
今一度確認しながら、しっかり良くかんで食べましょう!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。