疲れに悩む人のための疲労回復講座(4)

※注)このメルマガの内容を実行するにあたっては、ご自身の判断でお願いします。
 持病のある方は医師にご相談の上、行なってください。



今回もこのメルマガを読んでくださってありがとうございます☆


最近風邪を引いてる人が私の周りでは多いです。
あなたのまわりではどうですか?


夜中に布団をけとばして明け方に冷えたり、

気温の変化についていけなかったりで

免疫力が落ちているのかもしれません。


こんな時期は、疲れを感じてなくても体を休めるようにして
免疫力を下げないように気をつけていきましょう。


かくいう私も、今日は朝から鼻水が出てきます。

アブナイ、アブナイ・・・・


-------------------------

先回に引き続き、今日は「疲れ目の原因」について書いていこうと思います。


「疲れ目の原因」と聞くと、

普通は「ゲームのやり過ぎ」とか「TVの見過ぎ」のような
「目を酷使」した結果ばかりを思い浮かべませんか?

もちろんそういう場合が多いのは間違いないのですが、
「疲れ目の原因」ってそればっかじゃないんですよ。



たとえば「ダイエット」なんかがそのひとつ。

「なんでダイエット?」って不思議でしょ?


ダイエットの内容にもよりますが、ダイエット中というのは栄養が不足しがちになります。

たとえば「リンゴダイエット」とか「○○ダイエット」のように
1つの食材を集中的に食べようとするものもありますよね。


そうでなくてもダイエット中は
太らないようにしようとするあまり、全体的に食事の量が減っていきます。


そうするとカロリーも減るかもしれませんが、
「目の健康を保つために必要な栄養」も減って、
足りなくなってしまうんです。



同じ理屈で、病気など体調が悪い時も目が疲れやすくなります。


体調が悪い時というのは、体のバランスが崩れて
栄養が十分に行き届いてない状態です。


だから風邪を引いてる時に目を使うと、とっても目に負担がかかります。


つまらないからといって「横になってテレビを見る」なんてことをすると
体の回復が遅れてしまいます。

目も悪くなってしまうかもしれません。

間違ってもゲームなんか絶対やっちゃいけませんよ!





それから案外気づかないのが「眼鏡の度が合わない場合」


「目の疲れの原因」が実は、

知らず知らずの内に近視が進んでいるのに眼鏡を変えてないとか

老眼が始まってるのに気づいてないとかの

「眼鏡と視力とのアンバランス」だったりするのです。


私は長年眼鏡をかけているのですが、
数年前に眼鏡を変えて頭痛になったことがありました。

「レンズの度は一切変えてないのにどうして・・・?」


また眼鏡屋さんに持っていって、よくよく調べてもらったら

「レンズの度は合っているのだけれど、
ほんの少し眼鏡がずり下がって、レンズの焦点が合ってない」のが
原因だったそうです。



それからもう1つ、眼鏡を作る時に大切なことなんですが、それは

「どんな時に目をよく使うか」を考えて眼鏡を作ることなんです。


私の眼鏡は実は0.9しか見えません。
でも、毎日が快調です。

なぜだかわかりますか・・・?


いつもパソコンにかじりついてる私には
「近くが快適に見えて、遠くはそこそこに見える」眼鏡が
いちばん具合が良いからです。


これを欲張って「遠くもしっかり見える眼鏡」を作ってしまうと
「近くを見るときに疲れる眼鏡」になってしまうんですね。


これは人によって環境が違いますから、もしこれから眼鏡を
作ろうとする時は、「どんな時に一番眼鏡を使いたいのか」
ということをよく考えて作るようにしましょう。




「疲れ目」や「ドライアイ」などの情報をまとめたブログを
以前作ってみました。

http://kenko-eye.seesaa.net/



もっと詳しい内容を知りたい方は参考にしてみてください。

「疲れ目解消法」はこのページにまとめて載ってます。

http://kenko-eye.seesaa.net/category/1228157-1.html


あなたのお役に立てば幸いです★


-------------------------

私の人生のテーマは「いかにこの疲労感から脱却するか」
・・・っていったら大げさでしょうか。


「疲労」にはいろんな要因はあるのですが、
一番の原因は「食べ物」にあるような気がしています。


「この症状には○○が効く!」と言っても

実際は効く人と効かない人がいます。

そしてさらに具合が悪くなる人もいます。


この差はどこにあるのか??


今はそれをテーマにいろんな本を読みあさっています。

まとまったらまた、お知らせいたしますね。

-------------------------

これからだんだん暑くなってきます。

今年の夏は特に暑いそうですね。


ここで体調管理のポイントをひとつ。

それは「冷たい飲み物を飲まないこと」


「え〜!?無理!!」と思うかもしれませんが

冷たい飲み物は胃腸の調子を悪くして食欲を減退させ、
体を中から冷やします。

そして、体の冷えはあらゆる体調不良の原因になるのです。


冷房の効いた部屋で「アイスコーヒー」や「ジュース」を日常的に飲んでいると、
栄養不足で夏バテがひどくなりますし、
秋になってからなにかしら病気を発症しかねません。

だから・・・

夏こそ「常温」もしくは「熱い」飲み物を飲むように心がけましょう!




・・・最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また次の号まで☆



参考になりました?>>RANKING
メルマガ登録>>まぐまぐ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。